移民/ビザ種類

Home  >>  オーストラリア 移民  >>  移民/ビザ種類

Australia Immigration

1. 個人技術移民 Skilled-Independent (Subclass 189 visa)

オーストラリア技術移民プログラムは移民後オーストラリア経済に迅速に寄与することができる満50歳未満の技術人力を移民させようとする意図で作られました。満50歳未満である程度水準の英語実力, オーストラリア内の指定された審査機関から認められた移民職種の該当職業を持った方なら移民申し込みが可能です。

個人技術移民 Subclass 189 ビザは技術職業群リスト(Skilled Occupation List)のオーストラリア基準を満足する資格証と技術を持った方々を対象としたプログラムです。 SOL はオーストラリアで要する技術職業群リストであり、技術職業群リスト SOL に羅列された職業たちが移民に有利です。

合格点数 技術移民資格判定基準で 60点以上の場合申し込むことができる永主ビザ
年齢 50才未満
技術審査 * ビザ申し込みの前オーストラリア政府が認可したオーストラリア技術審査機関(Australian Assessing Authority)を通じて技術審査をパスした後、移民申し込みが可能
=>オーストラリア技術移民は技術審査が必須でオーストラリア移民部によって指定された技術審査機関及び職業群によって技術審査条件が違って各職業群ごとに要求される学歴及び経歴がそれぞれ違うのでオーストラリア移民法務士とぜひ職業群に対する相談を受けてください。
英語点数 技術審査後移民部に書類を受け付ける時英語点数を提出
=> IELTS全体永域 6.0 以上
申請手続き
  1. 技術審査機関を通じて技術審査にパス
  2. IELTS成績獲得
  3. EOI提出 & Selection => 永主ビザ申し込み
  4. 身体検査及び身元問い合わせ通過
  5. 永主ビザ承認取得

2. 州政府後援技術移民 Skilled Nominated (Subclass 190)

オーストラリア労動市場で要する職種で働くことができる技術と英語能力を兼備した人々の中で州政府の後援をもらうことができる場合に申請することができます。
州政府の後援として5点を追加されるので、個人技術移民の難しい方々がその代案として考慮するビザ中の一つです。

合格点数 技術移民資格判定基準で 60点以上の場合申し込むことができる州政府後援/親戚招請永主ビザ (政府スポンサーとして5点含ま)
後援
  • 州政府後援: 該当の州から 2年以上居住しなければならない
  • 親戚後援: オーストラリア国民または永主ビザ所持者である 3村以内の親戚(親, お子さん, 兄弟, 姉妹, 叔父, 叔母さん, 甥)が後援しなければならない
年齢 50才未満
技術審査 * ビザ申し込みの前オーストラリア政府が認可したオーストラリア技術審査機関(Australian Assessing Authority)を通じて技術審査をパスした後、移民申し込みが可能
=>オーストラリア技術移民は技術審査が必須でオーストラリア移民部によって指定された技術審査機関及び職業群によって技術審査条件が違って各職業群ごとに要求される学歴及び経歴がそれぞれ違うのでオーストラリア移民法務士とぜひ職業群に対する相談を受けてください。
英語点数 技術審査後移民部に書類を受け付ける時英語点数を提出
=> IELTS全体永域 6.0 以上
申請手続き
  1. 技術審査機関を通じて技術審査にパス
  2. IELTS成績獲得
  3. 州政府後援または親戚招請点数獲得
  4. 永主ビザ申し込み
  5. 身体検査及び身元問い合わせ通過
  6. 永主ビザ承認取得

3. 地方個人臨時居住ビザ Skilled Regional Sponsored (Subclass 475/487)

オーストラリア内で人口密度が低い地域への人口流入のために 2004年に新設されたビザです。一般的に SRS とも呼ばれていて、申請者及び連れ家族たちに 3年の間オーストラリア内に居住することができる権利を付与してくれるし、この期間の間はお子さん教育費を政府で 100% 支援してくれています。SRSビザで居住しながら実質的な永主ビザまで取得しようとすればオーストラリア政府で指定した地域(Regional Area)で 2年以上居住して最小 12ヶ月以上の経済活動をしなければなりません。12ヶ月以上の経済活動は一株当り最小 35時間以上の勤務時間を基準にして職種には制限がないので、他のビザと比べてより容易に永主ビザを取得することができる長所があります。

合格点数 技術移民資格判定基準で 60点以上の場合申し込むことができる永主ビザ
後援
  • 州政府後援:10点取得(州政府別で資格条件が違うのでオーストラリア移民法務士と詳しい相談が必要)
  • 親戚後援: オーストラリア国民/永主ビザ所持者として特定地域に 2年以上居住している 4村以内の親戚が後援する場合 10点取得
年齢 50才未満
技術審査 * ビザ申し込みの前オーストラリア政府が認可したオーストラリア技術審査機関(Australian Assessing Authority)を通じて技術審査をパスした後、移民申し込みが可能
=>オーストラリア技術移民は技術審査が必須でオーストラリア移民部によって指定された技術審査機関及び職業群によって技術審査条件が違って各職業群ごとに要求される学歴及び経歴がそれぞれ違うのでオーストラリア移民法務士とぜひ職業群に対する相談を受けてください。
英語点数 技術審査後移民部に書類を受け付ける時英語点数を提出
=> IELTS全体永域 6.0 以上
特異事項
  • オーストラリア国内または国外で申し込み可能
  • 1回に限って 1年ビザ延長可能
  • 夫婦に限って申請者転換可能
永主ビザ転換条件 州政府後援の場合該当の州に 2年居住(この中 1年は週35時間以上就業必須)
居住可能地域
  • NSW: Sydney, Newcastle, Central coast, Wollongongを除いた地域
  • QLD: Brisbane, Gold Coastを除いた地域
  • VIC: Melbourneを除いた地域
  • WA: Perthを除いた地域
  • SA/ TAS/NT: 全地域

(ACT は該当の地域ではない)

申請手続き
  1. 技術審査機関を通じて技術審査にパス
  2. IELTS成績獲得
  3. 州政府後援または親戚招請点数獲得
  4. 永主ビザ申し込み
  5. 身体検査及び身元問い合わせ通過
  6. 永主ビザ承認取得

*地方個人臨時居住ビザから永主ビザへの転換条件

合格点数 無関
年齢 無関
居住期間 地域後援 3年臨時ビザを受けた後申請者と連れ家族たちが該当の州に 2年以上居住したことを証明しなければならない。
特異事項
  • 州政府後援: 該当の州に 2年間居住しながら 1年以上の事業または就業経歴を証明しなければならない。(在職/経歴証明書または税金納付内訳書を提出)
  • 親戚後援: ビザ転換申し込み時後援する親戚が該当地域に 2年以上居住しながら 1年以上の事業または就業経歴を証明しなければならない。(在職/経歴証明書または税金納付内訳書を提出)
英語点数 無関

4. 留学後個人技術移民 (Subclass 189 & 190)

オーストラリアで最小 2年以上学業を履修してDegree, Diploma または Trade Qualificationを取得した場合に追加点数の取得ができるということです。

  • オーストラリアで2年以上学業: 5点 (Degree, Diploma or Trade Qualification)
  • オーストラリアで 2年以上Regional areaで学業: 5点
  • オーストラリアで留学中に週20時間以上の経歴を積む場合: キャリア期間に応じて追加点数取得

留学後個人技術移民 Example

オーストラリア留学後、技術移民を申請するベストウェイコンサルティングお客様の場合は、以下の場合が多いです。

-学歴と経歴-

オーストラリアの大学でSOL専攻の学士3年もしくは修士2年修了
学業しながら、その専攻と直接関連付けられている職種で1年以上週20時間勤務

年齢 (18才~32才): 30点
学歴 : 15点
オーストラリアで2年学業: 5点
オーストラリアで1年以上経歴: 5点
州政府後援 or Regional Study: 5点

1. 事業/投資臨時ビザ

1) 事業/投資臨時ビザ Business Innovation and Investment (Provisional) Visa (Subclass 188)

事業ビザ (188) 投資ビザ (188)
経歴 最近 4年中 2年以上 事業売上高が $500,000 以上証明
  • 3年以上事業/投資経歴
  • 最近 4年中 2年間A$150万に相当する金額を投資したことを証明 or
    最近 4年中 2年間10%の株式を所有してして事業を運営したことを証明
資産 個人純資産
$800,000 以上証明
  • 事業&個人純資産 $2,250,000以上証明
  • 州政府に $1,500,000投資することを証明
州政府後援 州政府後援申請可能
(事業計画書が優れた場合、州政府から10点を与えることがあります)
州政府後援申請可能
(事業計画書が優れた場合、州政府から10点を与えることがあります)
年齢 55才未満 55才未満
Point Test 65点以上 65点以上
英語 必須ではありません 必須ではありません

2) 高額投資臨時ビザ Significant Investor Stream (Subclass 188)

投資 $5,000,000を4年間投資 投資対象;

  • Commonwealth, state or territory government bonds
  • Eligible managed funds – that are limited to investing in any or all of the following Australian assets:
    • infrastructure projects in Australia
    • cash held by Australian deposit-taking institutions
    • bonds issued by the Australian Government or a State or Territory government
    • bonds, equity, hybrids or other corporate debt in Australian companies and trusts listed on any Australian stock exchange
    • bonds or term deposits issued by Australian financial institutions
    • real property in Australia
    • Australian agribusiness
    • annuities issued by an Australian registered life company
    • loans secured by mortgages over the investments listed above
    • derivatives used for portfolio management and non-speculative purposes (which constitute no more than 20 per cent of the total value of the managed fund)
    • other managed funds that invest in the investments listed above
  • Direct investment into private Australian companies – in which you have an ownership interest. The company must operate a qualifying business
州政府後援 州政府後援 必要
年齢 55才未満
英語 無関係

 

2. 事業永主ビザ

1) 事業/投資永主ビザ Business Innovation and Investment (Permanent) Visa (Subclass 888)

事業永主ビザ (888) 投資永主ビザ (888)
永主ビザ申し込みの前 事業/投資臨時ビザ所有 永主ビザ申し込みの前 事業/投資臨時ビザ所有
オーストラリアで188ビザ期間中に事業運営 オーストラリアで4年間150万ドルの投資を維持
事業売上高:年間売上高30万ドル以上
3つの要件のうち二つの対応

  • 事業資産20万ドル
  • 個人および事業体の純資産 60万ドル
  • 2人以上のフルタイム従業員の雇用
居住要件:2年中1年以上居住 居住要件:2年中1年以上居住

2) 高額の投資家永住ビザ(Subclass 888)

永主ビザ申し込みの要件 永住ビザ申請前の投資ビザ所有
投資方法 オーストラリア国公債、州政府の投資機関など4年間500万ドル以上の投資を維持
居住要件 臨時ビザ4年中160日以上居住

 

3. 事業特技永住ビザBusiness Talent Visa (Subclass 132)

この永住ビザの特徴は、事業臨時ビザの取得なく、すぐに永住ビザ申請ができるということです。Venture Capital Entrepreneur と Significant Business History二つのstreamがあり以前845/846ビザがわずか132ビザに統合されました。132ビザは、高付加価値のビジネス/起業家を政府が支援を介して、オーストラリア内に獲得するようにする永住ビザプログラムであり、資格要件は次のとおりです。

1) Venture Capital Entrepreneur

AVCAL (Australian Venture Capital Association Limited) の 会員からの創業やオーストラリアの高付加価値製品の実用化を目的とするベンチャーキャピタルの資金を100万ドル以上投資を受けた場合、申し込みが可能です。

2) Significant Business History

  • 高付加価値のビジネスキャリアがあり、この事業をオーストラリアに獲得することができていることを証明
  • 55才未満 (州政府後援申請時年齢要件免除申請可能)
  • 事業および個人純資産150万ドル以上(事業の純資産最低40万ドル)
  • 事業の売上高は300万ドル以上

 

*2012年 7月1日以前のお申し込みに関しては、下記の案内をご覧ください.

事業移民は事業臨時ビザと事業永主ビザという 2段階で構成されています。 1段階で 4年間有效な事業臨時ビザを受けた後オーストラリア内で 2年以上事業を運営してこの中 1年の間の事業実績を立証して 2段階である事業永主ビザを申し込む方式で構成になっています。

1. 事業臨時ビザ

1) 事業臨時ビザBusiness Owner Provisional Visa (Subclass 160/163)

事業主ビザ (160) 州政府後援事業主ビザ (163)
経歴 事業主: 最近 4年中 2年以上 事業資産が $200,000 以上証明
  • 事業主: 最近 4年中 2年以上
    年間売上高 $300,000以上証明
  • 管理者: 最近 5年中 3年以上
    年間売上高 $1,000,000 以上の
    会社で管理者としての経歴証明
資産 $500,000 以上 (+定着資金) $250,000 以上 (+定着資金)
州政府後援 州政府に事業進行事項通報 州政府後援必要
年齢 45才未満 55才未満
英語 IELTS 各永域5.0 以上 無関係

2) 高位役員臨時ビザ Senior Executive Provisional Visa (Subclass 161/164)

高位役員臨時ビザ(161) 州政府後援高位役員臨時ビザ (164)
経歴 *最近 4年中 2年以上
年間売上高 $50,000,000以上の 会社で序列 3位以内の高位役員で働いたことを証明
*最近 4年中 2年以上
年間売上高 $10,000,000以上の 会社で序列 3位以内の高位役員で働いたことを証明
資産 $500,000以上
(+定着資金A$50,000)
$250,000以上
(+定着資金A$50,000)
州政府後援 州政府に事業進行事項通報 州政府後援必要
年齢 45才未満 55才未満
英語 IELTS 各永域5.0 以上 無関

3) 投資者臨時ビザ Investor Provisional Visa (Subclass 162/165)

投資者臨時ビザ (162) 州政府後援投資者臨時ビザ(165)
経歴
  • 3年以上事業及び投資経歴証明
  • 最近 5年中 1年以上資産が $1,500,000 以上の事業. 投資実績 or
  • 申請者及び連れ合いが会社持分の10% 以上保有証明
  • 3年以上事業及び投資経歴証明
  • 最近 5年中 1年以上資産が $750,000以上の事業. 投資実績 or
  • 申請者及び連れ合いが会社持分の10% 以上保有証明
資産 $2,250,000以上 $1,125,000以上
州政府後援 州政府に事業進行事項通報 州政府後援必要
投資方法 $1,500,000公債 4年間保有 $750,000公債 4年間保有
年齢 45才未満 55才未満
英語 IELTS 各永域5.0 以上 無関

2. 事業永主ビザ

1) 事業主永主ビザ(Subclass 890 & 892)

事業主永主ビザ(890) 州政府後援事業主永主ビザ (892)
永主ビザ申請資格 永主ビザ申し込みの前 2年中 1年以上事業主/投資/高位役員臨時ビザ所有 永主ビザ申し込みの前 2年中 1年以上事業主/投資/高位役員臨時ビザ所有
事業運営 オーストラリア内で 2年間事業運営 オーストラリア内で 2年間事業運営
事業体純資産 1年間 $100,000以上立証 1年間 $75,000以上立証
個人/事業体純資産 $300,000 以上 $200,000 以上
居住要件 2年中 1年以上居住 2年中 1年以上居住
州政府後援 無関 必要

2) 投資者永主ビザ (Subclass 891&893)

投資者永主ビザ(891) 州政府後援投資者永主ビザ (893)
永主ビザ申請資格 永主ビザ申し込みの前投資ビザ所有 永主ビザ申し込みの前投資ビザ所有
投資方法 オーストラリア国公債に 4年間投資 オーストラリア内で事業/投資活動
州政府後援 無関 必要

3. 事業特技者永主ビザ Business Talent Visa (Subclass 132)

本の永主ビザは事業臨時ビザの取得なしに直ちに永主ビザ申し込みが可能です。

事業体純資産 最近 4年中 2年間  $400,000 以上証明, 株式会社の場合持分の 10% 以上保有
年間売上高 最近 4年中 2年以上年間売上高が $3,00,000 以上
個人純資産 $1,500,000以上 (事業+申請者+配偶者)
年齢 55才未満(州政府後援時経済受益者で除かれた場合は例外)
英語 無関
州政府後援 必要
特異事項
  • 具体的で実質的な事業計画書提出必要
  • 永主ビザ取得後移民部から 3年間事業実績に対する監督をする。 もし実質的に事業をしていない場合該当の永主ビザが取り消しされることもできる。

1. 雇用主指名就業ビザ
Temporary Work Skilled Visa (Subclass 457)

ビザ有效期間

3ヶ月 ~4年

雇用主指名有效期間

2年

雇用主資格

*合法的で積極的に事業運営(事業を運営する計画がある場合には事業計画書で進行可能)*雇用主が以前他の被雇用人を海外で雇ったことがあったら移民法を守ったということを立証できる記録が必要*オーストラリア経済圏の中で該当分野の競争力を増加させてオーストラリア社会に利益を持って来ることができることを証明しなければならない。

*海外で人力を雇う場合オーストラリア市民や永住権者に利益を持って来てくれなければならない。すなわち, オーストラリア国民や永主ビザ所持者に就業機会を与えなければならない。

*オーストラリア商品と用役取り引きの拡大及び事業の海外市場進出の連繋性を改善

*オーストラリアで運営されている事業の海外人力雇用が次の中で一つの条件を満たすことができるということを証明しなければならない。

-新しい事業技術を紹介, 使用, 創出

-発展した科学技術を紹介, 使用または新技術を創出

-オーストラリア国民または永主ビザ所持者のために教育訓練を提供した記録があるとか, 今後の教育訓練を提供するという約束

雇用主の指名資格

雇用主は必ず雇用指名申し込みを提出しなければなりません。雇用指名申し込みのためには充員が必要な地位に対する詳細な説明とともに被雇用人に要求される能力と経歴などを提出しなければなりません.。雇用主に要求される事項は次の通りです。*指名資格に対する承認を受けたとか, 指名資格を得るための申込書を提出*雇用指名申し込みと同時に指名資格に関する申し込みをしなければなりません。*指名された地位に対する条件は次の通りです。

– Full-Time 職位

-当たるオーストラリアの法や判定条件を充足

-最小能力水準充足

-最低賃金水準充足

被雇用人 (ビザ申請者)の資格

*雇用主から指名された職位で後援をもらわなければなりません。*当たった職位に適当な能力, 学歴, 経歴, 雇用経歴などがなければなりません。*兔許証, 登録証, 会員証が要求される職業の場合 IELTS 平均 4.5 以上 (英語能力に関する要求事項は 2007年 7月から新しく適用された条項)*指名された職位が要する兔許証または登録証を獲得することができる資格がなければなりません。

*申し込み当時最低賃金水準以上の給与を受けるということを立証するべきであります。

特異事項

雇用主と被雇用人(ビザ申請者)の間に直接的な雇用が成り立たなければなりません。- 給与支払い- PAYG 税金納入- 年金納入

– 雇用條件

– 日常的な管理監督

同伴可能な家族

-申請者の配偶者- 法的な婚姻関係または事実婚姻関係の配偶者-申請者及び配偶者の扶養お子さん – 18歳未満で結婚した経験があってはいけないです。(18歳以上の場合、ずっと学生で勉強しているとか障害がある場合には連れが可能)-申請者及び配偶者が扶養しなければならない他の親戚(基礎的な生活を全面的に申請者に頼っていることを立証)

 

2. 雇用主指名就業ビザ
Employer Nomination Scheme (Subclass 186)

ビザ有效期間 永主
雇用主指名有效期間 6ヶ月
申請者資格
  • 高度に熟練された技術を所有した海外人力
  • 臨時ビザを持ってオーストラリアに居住している高度に熟練された技術を所有した海外人力
    *このビザで永住権を受けるためには次の中で一つ条件を満たさなければなりません.
  • 過去 2年間指名された職種でオーストラリアで 2年以上 Full-timeで勤務 (過去 2年間指名した雇い主のために勤めなければなりません)
  • 例外が適用されない限り, 該当の職業審査機関から適合判定を受けて申し込みの前、少なくとも 3年以上 Full-timeで働いた経歴が必要.
    Or 2年間同じ会社で457ビザで働いていることを立証
  • 該当の職業は CSOL に銘記されている職業
  • 次の条件も満たさなければなりません。
    1. 永住権申し込みを後援する雇用主がなければなりません。
    2. 職務を遂行するための適切な能力、学歴、そしてキャリアを持っていることを証明する必要があります。
    3. 必要な場合は許可証、登録証、専門職会員証など必要な資格を備えていることを立証。
    4. 年齢は50歳未満
    5. Competent or Vocational English Level 以上の英語実力
雇用主資格
  • 合法的/積極的に事業運営
  • 指名する職種が事業運営のために必ず必要だというのを立証しなければならない
  • Full-timeで 2年間雇わなければならない
  • 既存従業員のための教育訓練の計画が必要であり、もし新設された事業であれば、今後の教育訓練の計画が必要であること。
同伴可能な家族
  • 申請者の配偶者- 法的な婚姻関係または事実婚姻関係の配偶者
  • 申請者及び配偶者の扶養お子さん – 18歳未満で結婚した経験があってはいけないです。

(18歳以上の場合、ずっと学生で勉強しているとか障害がある場合には連れが可能)

3. 低密度地域雇用主指名就業永主ビザ
Regional Sponsored Migration Scheme (Subclass 187)

ビザ有效期間 永主
雇用主指名有效期間 6ヶ月
低密度該当の地域 Brisbane, Gold Coast, Sydney, Newcastle, Wollongong, Melbourne, Perthを除いたオーストラリアすべての低密度地域の雇用主は申し込み可能
雇用主資格
  • 合法的/積極的に事業運営
  • 指名する職種が事業運営のために必ず必要だというのを立証しなければならない
  • Full-timeで 2年間雇わなければならない
  • 該当の地域の承認を受けなければならない(Regional Certifying Body)
  • 係わる法を守らなければならないし当たる場合、移民法を守ったという事実を立証できる記録が必要
  • 該当の職種は必ず雇用主が運営している事業体内の職種ということ
  • 該当の事業場条件に係わる法令と規定によって適当な補修を支払わなければならない
被雇用人 (ビザ申請者)の資格
  • 満 50才未満
  • 最小オーストラリアの Diploma 水準の学歴
  • 該当の業務を遂行するための相応しい能力, 学歴, そして経歴を持っていることを立証
  • ライセンス, 登録証, 専門職会員証など、必要な資格を取り揃えていなければならない場合もある
  • 2年以上 Full-timeで働く雇用契約が必要
  • Competent or Vocational English Level 以上の英語実力
同伴可能な家族
  • 申請者の配偶者- 法的な婚姻関係または事実婚姻関係の配偶者
  • 申請者及び配偶者の扶養お子さん – 18歳未満で結婚した経験があってはいけないです。

(18歳以上の場合、ずっと学生で勉強しているとか障害がある場合には連れが可能)

AUSTRALIA IMMIGRATION

Main Menu